Meeting

2017年05月31日

サーキットは楽しい

1982年に購入したCB1000SF(BIG 1)を25年乗り続けてきたことに感謝して
CB Meetingに参加した。

また、この日は、たまたま自分の誕生日でもあった。

家から、2時間半くらい「ツインリングもてぎ」まで眠い目をこすって出かけた。

サーキットは、人より早く走るためというシンプルな目的を達成するために
ある場所。そして、応援して楽しむ場所。
何か緊張感のある独特な雰囲気が充満していて、その中に身を置くことで
自分のテンションも上がる。

この日は、サーキットを走ることが出来るという機会が与えられ本コースを
3周した。
観覧席から眺めるという立場から、コースから観覧席を見るという日常では
なかなか体験できない経験をした。

きっと、CBもサーキットを走れてうれしかっただろう。


blog20170531







あがた森魚は鬼才だ。
はちみつぱいと演ったアルバムを発売した。



cpiblog00193 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)