2017年04月30日

4月はアメージング

今年は、桜の開花も遅かったが、あちこちの場所で長い間楽しめたような気がする。
桜は、その土地土地で違った表情を見せてくれる。

4月に少し新しいことをやってみる。
やってみなくては、わからないし、思ったよりうまく行かなかったり
それを乗り越えるための葛藤があったりする。

早めに投げ出してしまうより、しばらくやってみることにより
その結果が、次のステップを考える道しるべになるのかもしれない。

そんな不安のような、どんよりとした気持ちになる時期とも言える。


DSC00215









湯川潮音改め”sione"のアルバム。
今までとは違って、言葉の意味から解放されて、声だけで表現したアルバムになっている。
それに足るだけ、彼女の声は、うんわりしていて魅力的である。

電気を消して、少しヴォリュームを大き目にして聴くと不思議な世界に運ばれる。



cpiblog00193 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月11日

桜の散り際もいいものだ。

今年は、例年になくあちこちで桜を楽しんだような気がする。

近くの川辺に並ぶ桜もそろそろ散りはじめ、水面に浮かぶ桜の花びらも情緒がある。

最近、酒を飲んで自分たちの、今後のこととか話になることが多い。
年を取ると平坦な人生が待っているような気がしていたが、まったくそんなことはない。
人によって保有している資産もだいぶ異なっており、結局、それとの相談ということになる。

桜のように綺麗に散りたいが、
人間の場合はそうはいかなく、最後までどろどろを引きずっていかなくてはいけないのが
性(サガ)なのだろう。

自分の場合は、この春になって、最後の自分の財産、体だけはキープしなくてはと思い、
無理をしない範囲でスポーツジムに通う自分がいる。

コレってROCKじゃないなぁ。


DSC_0097









cpiblog00193 at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)