2011年01月20日

All Along the Watchtower

新春早々、デイブ・メイスンコンサートに行った。

最近、余り行くことのなかった中野サンプラザという懐かしい場所だ。
昔、即売は、サンプラは山野と決まっていたが、今はディスク・ユニオンだ。

何か心温まる。
前回の来日から、だいぶ年数が経って久々の来日。
当時をイメージしていたがステージに出てきたのは、かつてのデイヴ・メイスンのイメージではなく、ほとんどオジサンの風貌。
客席の方もほとんど同様の姿。それが、時間の経過というものだ。

でも、ギターを引いて歌い出すと、あの頃のデイブ・メイスンだ。

TRAFFICの“Mr.Fantasy”からはじまって、彼のヒット作品、アンコールで、一番聴きたかった、ボブ・ディランの「見張り塔からずっと」をやった。
この曲のデイブ・メイスン・バージョンが、生で聴けただけで最高であった。
この、曲か彼のが一番好きだ。


▼「All Along the Watchtower」比較←こんなサイトがあった。
8人聴き比べ

曲は、サイン会があるということで、オヤジミーハーになってしまった。
紙ジャケ再発盤を買って長い列に並んだ。
丁寧にサインをしてくれて、ジャントルなおじさんだ。

久々にコンサートで昔の知り合いに偶然会えたり、“Let It Flow”流れるままにという彼の曲があったが、そんな気持ちになった。

デイヴ・メイスン(紙ジャケット仕様)
デイヴ・メイスン(紙ジャケット仕様)
クチコミを見る





cpiblog00193 at 12:59│Comments(0)TrackBack(0)音楽 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔