2016年02月

2016年02月24日

2月は、もどかしい。

2月は、なんとかくもどかしい気分がする。
大きく舵取りをするにも何か準備不足で体が思うように動かない。

また、今年になってデビッド・ボウイをはじめ多くのアーチストたちの訃報が多いのは
とても悲しい。

時代を作ってきたリーダーが場所を去っていって、新しい人たちが新しい時代・新しい場所を作っていくのだろう。
そして自分もそうした人たちと共に巻き込まれていく流れだろう。

最近は、過ごしてきた時間が愛おしくて、新しい世界には余り興味がなくなってきたの
も事実。

これが、年相応の生き方というのかもしれない。

元気印、上原ひろみのニューアルバム、元気でピリッとして溌剌としていて勇気づけられる。





cpiblog00193 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽