2013年02月

2013年02月21日

本とのつき合い方

昨年、ある程度、電子書籍端末が出揃った。

Amzon→kindle,Google→Nexus,楽天→Kobo等。

Amazonの場合、普通のタブレット端末でも、アプリをインストールすれば、Kindleと同様に書籍をダウンロード
して利用することができる。
試しに、ダウンロード無料の「日本国憲法」をAmazonのサイトからダウンロードしてみた。
カンタンにダウンロードでき、自分のタブレット端末で日本国憲法が持ち歩けることになる。

これは、便利だ。

弁護士にでもならない限りは、日本国憲法を全部読む人はいないだろうから、普通の人は必要な箇所だけ読めばいい。

しかし、小説を1ページから最終ページまで読む気はしない。

実際の本の値段と、ダウンロードの値段はさほど差がない。
であれば現物の本の方が、装丁だったり、パッケージとしての存在感を楽しみたい。
いらなくなったら、中古として売ることも出来る。

電子書籍も以外と使えるなと改めて思った。

要は、目的と利用の仕方だと思う。
それを自分で判断して使うということだと思う。

これからの本とのつきあい方が少し見えてきた。

Making Mirrors
ゴティエ/Making Mirrors





cpiblog00193 at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽