2012年05月

2012年05月31日

続けること。停止すること。

長いあいだ続けてきたことを、断念すること、とても悲しいことだ。
一度ストップしてしまったものは、ほとんどの場合、同じ姿で元にもどることはない。

過去を切り捨ててどんどん前に進む人もいる。

辞めてしまうということは、道がなくなること。可能性をあきらめることである。

節目、節目にそんなことを考える。

なかなか結論は出ない。

そんなふうに、引きづられて生きていくのかなぁと思う。

新藤兼人監督、ほんとうに最後まで映画を取り続けてきた。
1970年代「こころ」は見た。
すべての作品がそうではないが、一貫して戦争体験を作品として残してきた人だ。
昨日、NHKでやっていたが、映画館のデジタル化の波が押し寄せ、フィルムは供給されなくなるという。デジタル化に対応できない映画館は、閉館を余儀なくされ、今後、アーカイブとしてデジタル化されない映画は世に残らなくなる。

時代は、いらないものを切り捨てて先に進んでいくのであろうが、時代も1と0の両極端な構造(=勝ち組と負け組、生き残るものと無くなっていくもの)になっていくのは、いやだなぁ。

Locked Down
Dr.John/Locked Down
クチコミを見る


cpiblog00193 at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2012年05月16日

システムの衣装替え

いままで使っていたものが過去のものとなってしまうと転換点としてギリギリのところに来ていると思う。
これは、大変な話だ。

AV関係で、VHS、DAT、MD、カセットテープはすでに終了している。
パソコン関係で、SCSIは、ほぼ終了、Windows XP は、あと2年くらい。

ずいぶんいろいろな機材をそろえ投資してきたが、陳腐化してしまうのは残念だ。

パソコンも、台数が増え続けているが、将来は、家でいろいろやることは少なくなくなるので、タブレット1台でモバイル接続でいいような気も最近はしている。

自分の身のまわりでも「いる物」と「いらない物」、「残すもの」と「残さないもの」を判別しなくてはいけない。

そんな訳で、このところオーディオシステムの処分、変更等をやりはじめたら、イモズル的にいろいろことが付随してきて、あれもこれもという感じになっている。

変わりに、VHSテープをデジタルに変換する機材を買ったり、新しいアンプを買ったり、思い切って、これからの自分の環境に合うスタイルに変更することにした。

生活のあり方を見直さなくてはいけない時期。
そして、出来るだけ電気の使わない形に生活自体も変えていきたいところである。

Green Onions
Booker T&MG's / Green Onions
クチコミを見る





cpiblog00193 at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2012年05月04日

雨あがりのスカイツリー

今年のGWは、新潟方面にキャンプ&ツーリングに行こうと思っていたが、特の東北地方は、天候が悪く断念した。

友人からメールがあって久々に浅草で「どぜう」を食いながら飲むことになった。
まだ、実際のスカイツリーは、見たことがないのでこの目で見たかった。

だいたい、皆、考えていることは一緒で、浅草の駅を降りると雷門から浅草に向かう仲見世どおりは、人人人であった。
人並みと、建物の間からスカイツリーが彼方に顔を出した。

浅草から、合羽橋方面の どぜうの飯田屋で、30分待ちくらいで、「どぜう鍋」を食した。

そした、いつも行く居酒屋「ニュー浅草」で昼間から日本酒を飲んで、酔い心地で墨田川沿いの絶景スポットといわれるところで、「スカイツリー」を眺めた。

空の彼方に筍のような姿をあらわしていた。

sky_tree



リトル・ブロークン・ハーツ
ノラ・ジョーンズ/リトル・ブロークン・ハーツ
クチコミを見る





cpiblog00193 at 02:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽