2011年07月

2011年07月22日

NEW MUSIC MAGAZINE

武蔵野美大で開催されている「中村とうようコレクション展」を見に行こうと思っていた矢先、
中村とうようさんが亡くなられたというニュースを聞いてショックであった。

自分の音楽生活の柱に「ニューミュージックマガジン」があり、1970年から毎月、買っている。いままで聴いてきた音楽にも、「ミュージックマガジン」の影響がある。

最近は、特集記事が自分にはミスマッチな場合が多く、いつ止めようかと思いつつ、新譜のCHECK等のために購入している。
その大きな理由の1つに、現在は、編集長の座を退いているが、その影に、中村とうようさんのスピリットを感じることが出来るからである。

人というのは、死にたい時期っていうのが、いつか来るのかなと思う。


ラーク
リンダ・ルイス/ラーク
クチコミを見る


cpiblog00193 at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

2011年07月12日

大鹿村

久々に映画を見に行こうと思う。「大鹿村騒動記」。
大鹿村、南アルプスの北側、天竜川沿いの秋葉街道の入り口あたりに存在する素朴な場所だ。
なぜ、この場所が、映画のテーマとして取り上げられるか不思議であるし、昔、バイクで通りかかったが、今の景色をちゃんとみてみたいという気がする。

私の好きな「藤田敏八」の映画の多くに出演していた原田芳雄、病気をわずらって車椅子で出演とのこと、存在感のある俳優で、好きな俳優の一人。
今の姿をちゃんと見たい。

なかなか、公開されている映画館も少なく、これで興行的に成り立つのかな。DVDにすれば採算が取れるのかな。
こんな暑い夏は、涼しい?映画館ですごすのも方法だ。

ザ・タイマーズ
ザ・タイマーズ
クチコミを見る





cpiblog00193 at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)