2010年10月

2010年10月11日

MOJO WORKIN’

地元の音楽喫茶&ライブハウス「MOJO」が主催するイベント「MOJO GROOVE」に足を運んだ。
歩いて気楽に行ける距離なのでうれしい。

最近は、手作り的屋外イベントが好きで、ビール片手に楽しむパターンがお気に入りだ。
大手イベンターによる団塊世代ターゲットのビッグアーチストを呼んで、お高い入場料のコンサートにはすっかり行かなくなってしまった。
それでも来年もこうしたアーティストが目白押しでチケット売上も好調というのが驚く。

雨が、土・日と激しく降ったが、当日はとても良い天気で気分爽快であった。
ちょうど陽が暮れかかるころ、吾妻光良とスインギング・ボッパーズの出演。
管楽器が8本もはいっている豪華な布陣にびっくり。
日本のブルース・シーンを生き抜いてきた吾妻光良のキャラもリラックスしていて、大人の音楽として楽しむことができた。

mojogroove


今年、来日したソロモン・バークが他界されたとのことご冥福を祈りたい。


Sweatin’Ballroom
吾妻光良&Swingin' Boppers/Sweatin’Ballroom
クチコミを見る




cpiblog00193 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

2010年10月04日

オータム・リーヴス

エリック・クラプトンのニューアルバムを余り期待せず買った。タイトルはズバリ「CLAPTON」、60代半ばの男の静かな境地をとつとつと歌い上げているようなアルバムだ。
サウンドは、最近のクラプトンサウンドで、そういった意味ではまさにクラプトンのアルバムだ。

アルバム最後の曲として、「Autumn Leaves」をクラプトンがカヴァーしている。
クラプトンに似つかわしくないように思えたが、なかなか良かった。

やはり生き残っているスタンダード曲は、永遠である。その楽曲の良さは、歌う人によってさまざまな表情を変える。

Clapton
Eric Clapton/Clapton
クチコミを見る





cpiblog00193 at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽